レンズデータの見方 【コンタクトレンズ 激安 通販 ナビ】

コンタクトレンズ激安通販ナビ

レンズデータの見方

使い捨てコンタクトレンズを通販で購入するためには、レンズデータが必要となります。レンズデータは、コンタクトのパッケージに記載してあります。

使い捨てコンタクトレンズを購入するためには、レンズデータの個々の意味まで理解する必要はなく、データをそのまま通販サイトに入力すればよいのですが、ここでは簡単に、その内容を解説します。

基本となる3つのデータ

BC ベースカーブ(Base Curve)といわるるもので、レンズのカーブ(曲面)の度合いを示す数値です。一般的に単位はmmで表されます。数値が小さいほど、カーブが強く、大きいものほどゆるくなります。眼のカーブに対してベースカーブが小さいと、眼にレンズが張り付くような締め付けを感じます。逆にベースカーブが大きいと、目を動かすたびにレンズがずれるような感覚があります。
PWR
(SPH)
コンタクトの度の強さを示す数値。一般的に単位はディオプターで表されます。-1.00 -3.00 -4.75などで表示されています。数値が大きくなるほど、度が強くなります。なお、「+」は遠視用のレンズを示します。 カラーレンズには度のないもの、「0.00」も用意されています。
DIA レンズの大きさ(直径)を表す数値。一般的に単位はmmで表されます。この数値はレンズ毎に固定値になっている場合が殆どで、注文の際には、省略される場合がほとんどです。13.8,14.0,14.2,14.5 などで表示されています。

その他のデータ

CY/AX 乱視用の数値。乱視レンズのオーダーにはPWR,BC,DIA以外にこの数値が必要です。CY(円柱:-0.75,-1.25,-1.75等)AX(軸:10,20,70,110,160,180等)で表されます。
ADD 遠近両用の手元補正用の数値。Acuvue Bifocal など。遠近両方レンズの度数はPWR -5.50 (+1.00)と 2つの度数が表示されています。この数値は、遠くを見るときは-5.50で、近くをみるときは+1.00ゆるめるという意味です。遠用の度数に対して、手元用に+1.00 〜 +3.00までゆるめることが可能です。

コンタクト激安通販ナビ HOME

人気激安コンタクトレンズ

コンタクトレンズのタイプを選ぶ

コンタクトレンズの商品を選ぶ

コンタクトレンズをネットで買う

コンタクトレンズを使いこなす

コンタクトレンズ 激安 通販 ナビ