眼科医の検査の受け方 【コンタクトレンズ 激安 通販 ナビ】

コンタクトレンズ激安通販ナビ

眼科医の検査の受け方

はじめて使い捨てコンタクトレンズを購入するときの検査

コンタクトレンズは医療器具ですから、購入にあたっては、必ず、眼科医の検査を受ける必要があります。はじめて使い捨てコンタクトレンズを購入するときの検査は、自分にあったコンタクトレンズを選ぶための検査です。

視力だけではなく、眼についての様々な検査を受けた上で、自分にあった使い捨てコンタクトレンズの処方を受けます。

眼科医にいくときは保険証を忘れずに。また、結構時間がかかるので、時間の余裕のあるときに行ってください。

定期的な検査

使い捨てコンタクトレンズは購入後も定期的に眼科医の検査を受ける必要があります。自覚症状がない場合でも、眼にあわなくなったり、障害が起きている場合もあるからです。定期的な検査では、眼の状態とコンタクトレンズの装用状態を検査します。眼に合わなくなってきていれば、別のコンタクトレンズへ変更します。

検査の頻度としては、3ヶ月に1回が目安です。

また、眼ヤニ、充血、異物感など、使い捨てコンタクトレンズの装用に際して異常を感じたり、眼に合わないと感じたときは、その都度、眼科医の検査を受ける必要があります。

検査を受けるときの留意点

眼にも体調があります。「眼の体調」が悪いときにあわせてコンタクトレンズを購入すると、度が強すぎる可能性があります。パソコンによる長時間の作業の後や、寝不足の状態で検査を受けるのはやめましょう。

眼科医の選び方

すべての眼科医が、コンタクトレンズの処方をしているわけではないので、まず、コンタクトレンズの処方をしている眼科医であることが最低条件となります。

コンタクトレンズ店に併設されている眼科医のなかには、十分な検査を受けられない場合や、併設店でコンタクトレンズを購入しない場合は処方箋を発行しない場合もあるようです。

特に、はじめてコンタクトレンズを購入しようとしている場合は、信頼できる眼科医を選べるよう情報を収集してください。周囲でコンタクトレンズを使っている人がいるでしょうから、何人かに聞いてみるのがよいと思います。

コンタクト激安通販ナビ HOME

人気激安コンタクトレンズ

コンタクトレンズのタイプを選ぶ

コンタクトレンズの商品を選ぶ

コンタクトレンズをネットで買う

コンタクトレンズを使いこなす

コンタクトレンズ 激安 通販 ナビ