商品比較のポイント 【コンタクトレンズ 激安 通販 ナビ】

コンタクトレンズ激安通販ナビ

商品比較のポイント

使い捨てコンタクトは製品によって次のような違いがあります。

装用感使い捨てコンタクトの装用感はいいものが多いですが、眼科医で検査を受ける際に試用し、実際に装用感を確認する必要があります。一般に、レンズが厚いほど、ゴロゴロ感が出やすいです。また、含水率が「高い」ほど、涙がレンズに吸い取られるため眼が乾きやすくなります(「高い含水率」という言葉からか、含水率が高いほど眼に潤いがある、という説明がされることがありますが、間違いです)。2週間使い捨てコンタクトは1日使い捨てコンタクトよりレンズが厚く含水率が低いです。
酸素透過度眼にどれだけ酸素を供給するか、ということす。含水率が高く、レンズが薄いほど、酸素透過度は高くなります。酸素の供給が少ないと角膜に障害が起こる可能性が高まります。一般に、2週間使い捨てコンタクトは1日使い捨てコンタクトより酸素透過度は低くなります。
つけやすさ一般にレンズが薄いほどやわらかく、やわらかいほど装用しにくくなります。
汚れにくさ使い捨てコンタクトは一般に「汚れる前に捨てる」ものですが、それでも製品ごとに違いがあります。非イオン系のレンズが汚れにくいです。含水率が高いと汚れにくくなります。2週間使い捨てコンタクトは1日使い捨てコンタクトより長く使うのでその分汚れやすくなります。
UVカット紫外線は眼にもよくありません。UVカットの機能がついているコンタクトもあります。
BCの種類BC(ベースカーブ)の種類が多い商品ほど、角膜表面のカーブに合わせたレンズの選択が可能になります。眼のカーブに対してベースカーブが小さいと、眼にレンズが張り付くような締め付けを感じます。逆にベースカーブが大きいと、目を動かすたびにレンズがずれるような感覚があります。 1カーブの商品は、日本人に特化したカーブを設定しており、特別なカーブでない限りはそれほど気にしなくても良いといわれています。

たとえば、眼が乾きやすいという方は含水率の低いものを、眼の異物感が強いという方は薄いものを、というように自分にあったものを探して、眼科医に相談してみるとよいでしょう。

具体的には、1日使い捨てコンタクトの商品比較はこちら2週間使い捨てコンタクトの商品比較はこちら

コンタクト激安通販ナビ HOME

人気激安コンタクトレンズ

コンタクトレンズのタイプを選ぶ

コンタクトレンズの商品を選ぶ

コンタクトレンズをネットで買う

コンタクトレンズを使いこなす

コンタクトレンズ 激安 通販 ナビ