含水率とは 【コンタクトレンズ 激安 通販 ナビ】

コンタクトレンズ激安通販ナビ

含水率とは

コンタクトレンズの製品スペックを示すデータの1つに、「含水率」というものがあります。

コンタクトレンズの良し悪しは、自分の眼に合うかどうか、という主観的な要素も重要ですが、「含水率」は、コンタクトレンズを比較するための客観的な要素の1つとしてコンタクトレンズ選択の材料にしている方も多いと思います。

ただ、「含水率」が高ければ高いほどよいコンタクトレンズかというと、必ずしも、そうではありません。「含水率」が高いことがよい場合とそうではない場合があります。自分にとって含水率が高いほうがよいのか低いほうがよいのかを理解することは、コンタクトレンズを選ぶうえでのポイントになります。

「含水率」とは何か?

コンタクトレンズは、水分を含んでいます。コンタクトレンズが含んでいる水分の割合を「含水率」といいます。

「含水率」と酸素供給について

眼は呼吸をしているので、眼に酸素を供給する必要があります。眼に酸素が供給されないと、角膜を傷つけてしまいます。コンタクトレンズを付けているときは、水に含まれている酸素を、眼に供給することになります。

「含水率」が高いと、眼へ酸素を供給しやすくなります。

しかし、酸素の供給は、含水率だけによって決まるわけではありません。たとえば、同じ含水率でも、レンズが薄ければ酸素供給は多くなりますし、レンズが汚れていれば酸素供給は減ります。

「含水率」と眼の乾きやすさについて

「含水率」が高いと、眼が乾きやすくなります。含水率が高いほうが、みずみずしいイメージがありますが、みずみずしいのはコンタクトレンズであって、眼ではありません。みずみずしいコンタクトレンズは眼になじみやすいですが、水を吸収しやすいので、涙を吸収してしまい、眼が乾きやすくなります。

「含水率」とレンズの汚れやすさについて

「含水率」が高いと、レンズが汚れやすくなります。使い捨てコンタクトレンズは、含水率が高いものが多いですが、これは、汚れやすいということを意味します。だから、使い捨てコンタクトレンズは、汚れがたまる前に捨てる必要があり、1日使い捨てとか2週間使い捨てというように期限が決まっているのです。

コンタクト激安通販ナビ HOME

人気激安コンタクトレンズ

コンタクトレンズのタイプを選ぶ

コンタクトレンズの商品を選ぶ

コンタクトレンズをネットで買う

コンタクトレンズを使いこなす

コンタクトレンズ 激安 通販 ナビ